さくら荘のペットな彼女

さくら荘のペットな彼女が終わってしまいましたね。
前期から続く2クールアニメだったので案外長かったんだなぁとおもいます。


最終回はましろが来てから丸1年経ったということを桜の木で思い出させられました。
そういう演出はうまかったなぁと思います。

アニメ内で複数カップルが出来るのは結構珍しい作風だったのかもしれません。
実際そらたとましろじゃ無くてリタと龍之介を一番応援してました。

思うと、アニメが始まったときは春、そこから夏、秋、冬と変わっていって、制服の変化や私服の変化が面白かったです。出来事があった時の時期がわかりやすいし思い出しやすい。


定番の○○がなくなる→いろいろあってなくならないと言う王道√での締めでしたね。
結局王道は面白いんだよなぁ。だから王道なんだろう。


受験に落ちたと思われていた優子が出てきたり、はうはうの弟が出てきたりと最終回で人を増やすのはどうなんだろうと思いましたが、さくら荘はまだまだこれからだぜ!的な終わりと考えれば違和感はないですね。



強いて言うなら、さくら荘が無くなるというのを阻止する理由を感じませんでした。
1クール目でもっとさくら荘を主体とした物語を繰り広げて入ればもっと感情移入できたのかなぁと。

別にさくら荘は無くなっちゃったけどそんなことじゃ俺達の友情は切れないぜENDでも行けちゃうノリだったからてっきりそうなるもんかと思ってました。





ななみんが可愛い良いアニメでした。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。